スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『何か変だ、おかしい。』と思ってから、強迫性障害という病名を知るまで。~その1~ 

プロフィールにも書いているように、
私は自分が強迫性障害というものらしいと認識したのは
(もしくは、強迫性障害というものが存在すると知ったのは)

2014年の夏頃だったと思います。

思います・・・としか書けないのは
記憶がはっきりしないのです。

昔から毎日、少しずつですが日記を書く習慣があり、

2013年の暮れまでは何となく普通に、
そして2014年に入ってしばらくは書いていましたが

2014年の2月から日記を書いていないのです。

そして次に書いているのは
2014年の6月。

その頃はもうストレスでいっぱいで
殴り書きのように感情的に書いています・・・。

そのあとはもう2014年の暮れまで
日記はほぼ白紙の状態なんです・・・。

話がそれましたが、

最初に自分の異変というか
今までになかった違和感を感じたのは

前にも書いたとは思いますが、

運転しているときでした。

2013年の11月だったと思います・・・。

交差点を右折しようとしていて止まっていたとき
後方から来て私の車の左を通っていた車が
ものすごくギリギリですごいスピードだったんです。

今までの私なら(というか、普通の感覚なら)

『まったく・・あぶないなー!』

と思って終わり・・・のはずだったんです。

それがそのとき

『うわっ!ちかっ!今の当たってないかな?!』

と本気で思ったんです。

はじめてでした。

当たればすぐにわかるんです、車って。

当たったことあるから知っているんです。

なのにそのときはじめて

『~なのではないか?』 と思ってしまったんです。


その日はとても心配で
会社の人数人にその出来事を話し
その心配を安心に変えようとしました。

今思うと、もうそのとき巻き込んでますね。

だけどその当時の私は
強迫とか巻き込みとか知る由もなく
ただ心配でそうしたのでした。

その不安は、数日はなんとなくもやもやとした感じで続きました。

だけど私は、それはたまたまそのときだけだと思っていました。

強迫性障害なんていうものが存在するなんて
全く知りませんでしたし・・・。

そしてその出来事はそのうち忘れ、(たぶん)
仕事の都合で(内容で?)車での移動が必要だった2014年の1月も
(それも仕事の一環としてという意味で)
私は人を数人乗せて自分が運転手になっていたのです。

そのときは運転することに関して特にそれまでと変わりないと思っていたし
そもそも、その2013年の11月の出来事を忘れていたし
普通に運転していた・・・つもりでした。

でも今思うと、もうすでにそれまでの私の運転に対する感覚とは
少し違っていたのかもしれません。



長くなるので、今日はこのへんで

またこの続きは後日書きます。m(_ _)m

・・・・・・・・・・・・・

さて、本日朝出かけるときの確認、
行動療法3日目備忘録。

77点とします。

2点UPは
いつもならもう1回みようとする洗面所を
我慢してドアをしめたので
その我慢はちょっとのことのようで大きい!

ので評価対象としました・笑


↓よろしければ応援のクリックをして頂くと嬉しいです。m(_ _)m

にほんブログ村

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。