スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強迫性障害に自然治癒など・・・ないよ・・・。(と思う・・) 

本当は、

強迫性障害に自然治癒などないっ!と
言い切りたいところですが、

そういったケースがゼロではないかもしれないので
〈・・と思う・・〉と書きました。

なぜこんなことを書きたいと思ったかと言えば。

最近

『だいぶ良くなったよねぇ・・・。』

と言われることがあります。

確かに、強迫性障害になったことがない人からすれば

率直な思いが
ただ言葉になっているだけだと思うのです、
悪気などなく、ただ思ったことをそのまま言っているというか。

そりゃそうです、
強迫性障害ってなかなか理解してもらえない病だと思いますからね。


そして私は思うんですね。

『良くなった』 ではなく

『良くなるように頑張った!』

なんです。

ちょっとムキになっているようで大人げない気もしなくはないですが。(-_-;)


私、この病になって思うんですよ。

この強迫性障害っていうものは

自分自身が何とかして治したい!

元の強迫じゃなかった頃の自分に戻りたい!

そういう強い意志がなければ

絶対に自然に治るものではないということです。

たとえば風邪だったら・・・

クスリ飲まなくても、病院行かなくても、
治るまでの時間に個人差があっても
必ず治ると思うんです。

自然治癒が可能。

だけど、強迫性障害にそれはない。

しかし逆に言えば

治そう、治したいという強い気持ちがあれば
治る病だと思うこと。

どんなに強い意志で
忍耐力で
治そうと頑張っても
それがかなわない病だってこの世にはあると思うんです。

そう思うと
自分次第で変われるってことですよね。

不幸中の幸いだと思うのですよ。

またちょっとムキにならせてもらうと(笑)

だからこそ

私が今ここまできたのは

自分であえて言いますけど

必死で頑張ってきたんです!

だけどいちいち人に

『私、今必死で頑張っているんだよ』

なんて言葉にして言いながらではないわけです、当然。

人知れず・・・ってやつです。

だってそんなことを言ったところで
会話が続かないというか
楽しくないと思うんですよ。

これも強迫になってから
いろんなことを経験したから
そう思うようになったんだと思います。

だから、人知れず。

それをね・・・

まるで
『いつの間にか良くなるものだねぇ・・』

みたいな言い方されると

それは違う!と心の中で熱くなってしまう私でした・・・。

まぁ・・・

こんな自分を
ちっちゃいなぁとも思うんですけど

これが他人ならスルー出来るところなんでしょうが

相手が母親なのでついむっとしてしまうというか・・・。^^;

ココで愚痴らせてもらって
忘れようと思いました。

母に文句言ったところで
何の意味もないと思います。

お互い、嫌な思いをするだけ・・・。

母にはわかってもらいたいという思いがあるから
こんな感情にもなるんでしょうが

そもそも、そういうのから卒業しないと
私の中で心の自立が出来ないでしょう・・・。

親も子も、もう年寄りなんだけど(笑)

私はまだ母を親として頼っているんですね・・・

情けないといえば情けないのですが、

少しずつでも

考えを変えられたら・・・と思っています。

母は母、
私は私。

お互いを大切に思っていることに変わりはない。

だけどつい相手にわかってもらいたくて
熱くなって文句言ってしまう・・・

もうそういうのやめて
せっかく大切にお互い思っているのだから

自分の感情を押しつけるような?ことではなく
もっと自立して相手を思いやれるような人になりたいです・・・・。

・・・・

ん・・・・思いはするんだけど
一生無理かもしれません。笑

はぁ・・・

(^_^;)


最後は本題からはずれてしまった感じですが

今日もお読み頂きありがとうございました!


↓ランキング参加中です、よかったら、ポチっと応援して下さると励みになります!m(_ _)m

にほんブログ村





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。