スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

危機一髪!!・・・だったそうです・・・。 

私ではなく、ある人(K)のことです。


今日、Kが運転中のこと。

見通しの良い直線で、

対向車が遠くからなんかこっちの車線に入ってきている?

と思ったそうです。


そしてだんだん距離が縮まって近くなったとき

これはまずいと思い

Kはクラクションを鳴らしたそうです。

それにより、その対向車はハッとした感じでハンドルを切り
ギリギリぶつからなかったそうです。

Kは急ブレーキ状態。

まさに危機一髪!

そしてKは、しばらくその場所に呆然と止まってしまった・・・ということでした。

K曰く、

『もうこれは当たると思った』

と・・・。

当たるというか、正面衝突にだってなりかねなかった状況です。


もしそのまま対向車がKの鳴らしたクラクションにも気づかず
そのまま対向車線に暴走していたらと思うとゾッとします・・・。


その対向車の運転手は

頭を下げることもなく、しらーっと通り過ぎていったそう。


怒りを覚えました。

居眠りでしょうか、脇見でしょうか・・・

わかりません。

だけど、怒りよりも

いちばん思ったのは

何もなくてよかった・・・

Kを守ってくれた見えない力?への感謝の気持ち。

もうそれだけです。



そして、声を大にして言いたい!!


強迫の症状が運転に出た私だから・・・っていうのも
あるかもしれないけど



ほんと、運転するなら

もっと1人1人が注意して運転してくれ・・・

自分の不注意で、事故に繋がる可能性があるということを
認識して運転してくれ・・・

そしたら不幸な事故もきっと減るはず・・・

そう思います。


それにしても・・・

事故にならなくてほんとよかった・・・。(T_T)



今日もお読み頂きありがとうございました。


↓よろしければクリックで応援お願いしますm(_ _)m。励みになります。

にほんブログ村

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。